2016年10月28日

函館朝市 かもめのらーめん HAKODATE FACTROY 金森赤レンガ倉庫 カネモリブリックラボへ👦北海道函館子連れ旅

函館朝市 かもめのらーめん HAKODATE FACTROY 金森赤レンガ倉庫 カネモリブリックラボ🚢盛りだくさんの函館子連れ旅

image.jpeg


ダイアモンドプリンセス豪華客船の子連れ旅の寄港地のひとつ、函館をご紹介していきます。
さてさて、本日は函館市場から金森赤レンガ倉庫までの 道のりをお伝えします。
徒歩で15分くらいの距離です。

関連記事はこちらです。
金森レンガ倉庫から函館山ロープウェイへ 👦 ダイアモンドプリンセス豪華客船子連れ北海道の旅

👦 函館駅のすぐ目の前に 函館朝市の行われている市場があります。

image.jpeg


市場ですので、営業時間は昼12時まで(一部15時まで営業)ですので、注意してくださいね。

朝市ひろばという室内の中には 新鮮な海鮮を販売しているだけでなく、イカ釣りなど できるところも ありました。

また 朝市仲通りでは、海鮮だけでなく メロンなどの果物も販売されていましたよ。(我が家は8月に行きました。)
市場の独特の雰囲気は、散策しているだけでも、楽しいですね。
市場の周囲に駐車場が あり、飲食や買い物で駐車場代が無料になるそうです。


👦 朝市の近くに、函館らーめん かもめ があります。

image.jpeg


一番人気は 函館らーめん 塩 だそうです。
このお店 美味しいですが、カウンター席のみなので、子連れは 覚悟していってください。(2015年8月現在)
GLAY のTELUさんが お気に入りのお店なんですって。
知らないで、行ってました(笑


👦 さて、次に金森赤レンガ倉庫に向かいます。


道中に、麺厨房 あじさいという、これも有名 らーめん店だそうです。

image.jpeg


麺厨房 あじさいの近くに無料の足湯があり、毎回休憩しちゃってます。

image.jpeg



👦 道を挟んで向かいにある、HAKODATE FACTORY内の はこだて海鮮市場も毎回行ってます。

image.jpeg


イートインの近くにある お寿司の販売の所で、いくらのおにぎりが売られてます。
美味しすぎて 毎回買っちゃいます。


👦 到着しました。金森赤レンガ倉庫です。
かなり オシャレな風貌です。
image.jpeg


4つの建物からなり、函館のお土産は、ここで充分すぎるほど手に入ります


その中でも 子連れにオススメは、金森洋物館の中にある カネモリブリックラボです。

image.jpeg


image.jpeg


こちら、入場無料で レゴ®️ブロックで 遊べます!
小学生以下は保護者同伴です。
お土産としてもオススメなキーホルダー等、ここでのオリジナル商品も販売されていましたよ。

image.jpeg



👦 函館山の麓にある、ラッキーピエロ
いつも気になっているんですが、行けていません。
次は必ず‼️



子連れ目線の函館ベイエリア いかがでしたか?



函館朝市
http://gourmet.hakonavi.ne.jp/asaichi/

HAKODATE FACTORY
http://www.hakodate-factory.com/

金森赤レンガ倉庫
http://www.hakodate-kanemori.com/


💳 これから子連れで国内&海外旅行に行きたいと思っている方に絶対オススメしたいのが、マイルの貯まるカードです。


種類は色々とありますし、どの航空会社でも提携カードは必ずあります。
また、クレジットカードだけでなく、電子マネーをチャージするタイプのカードもあります。
海外旅行でのお金の使い方。~クレジットカードや海外プリペイドカードを賢く使おう~

mamaingは、クレジットカードも電子マネータイプも持っています。
なぜなら、普段のお買い物をする度に、マイレージが貯まるからです。
普段のお買い物をしているだけでマイレージが貯まるので、マイルを貯金=旅行資金の貯金とも言えます。
詳しくは、こちらの記事で紹介しています。
⏩  マイルの貯まるクレジットカード知っていますか?~日常生活でマイレージをためるオススメな方法~


🚢 こんな記事も書いてます。

韓国釜山のお土産をご紹介 🚢 2016夏のダイアモンドプリンセス子連れ旅 


ダイアモンドプリンセス豪華客船の子連れ旅 🚢 子連れに必要な荷物 


クルーズアンサーブックとは? 🚢 ダイアモンドプリンセス豪華客船の子連れ旅。


寄港地に着いたらどうやって移動すればいい??  🚢 ダイアモンドプリンセス豪華客船の子連れ旅





posted by mamaing at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道・東北地方 情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック