2017年02月13日

ベビーカーシート&ベビーカーになる優秀なアイテム♪ ベビーとのお出かけに必須のトラベルシステムって知ってる??

👶 トラベルシステムってご存知ですか?? チャイルドシート&ベビーカーになる優秀アイテム。



mamaingも息子くん4ヶ月の時にロサンゼルスで知り、あまりの便利さに愛用していました。

トラベルシステムとは、ベビーのカーシートをそのままベビーカーにのせて使えるセットの事なのです。(ちなみにアメリカでは、ベビーカーは通じません。ストローラーです。)

例えば、赤ちゃんが車で寝てしまった時に、通常だとカーシートから下ろさなければなりませんよね。
せっかく寝たのに降ろすなんて~💧とか、
せっかく、なだめて乗せたのに、もう降ろさなきゃならないの~💧
て、言うことありますよね。そんな時に便利なのが、トラベルシステムです!!
mamaingが使用していたトラベルシステムは見つからなかったので、katojiさんの商品を中心にご説明していきます。




👶 トラベルシステムのベビーカーシート&ベビーカーってどんなもの??

トラベルシステムは、3つのアイテムを使いたいシーンに合わせて組み合わせる事の出来るベビーとのお出かけを助ける商品です。

ひとつめは、カーシート。いわゆるチャイルドシートですね。
持ち運びが出来る様に、持ち手がついています。



レストランなどで、おすわりが出来ないベビーは抱っこしっぱなし....なんて事ありますよね。
トラベルシステムのカーシートなら、そのままレストランにつれていけるわけです。

そして、お散歩に行こうと思ったら.....


ビックカメラさんの画像を参考にのせています。



トラベルシステムなら、カーシートにベビーをのせたまま、ベビーカーに乗せる事が出来るんです。

そして、またに乗せる.....


そんな時に、トラベルシステムベースを車に取り付けておけば、ワンタッチでカーシートを固定できるんです。(ベースがない場合は、毎回シートベルトをカーシートに取り付けて固定します。)

これが、トラベルシステム3つのアイテムの使用例です。

⏩ Amazonでトラベルシステムを探したい方はこちらから。


👶 トラベルシステムの注意点

トラベルシステムの注意点をいくつかご紹介していきます。

→ 車がトラベルシステムのメーカー適合車種か確認しましょう。
→ カーシートは、普通のベビーカーには、乗せれません。トラベルシステム専用のベビーカーでお使いください。
→ カーシートの対象月齢内でも持ち運びは1才位でかなり限界の重さになります。(持ち手付きでも女性が持ち運ぶのは、それなりに大変です)
→ カーシートを乗せれば、ベビーカーはカーシートの分重くなります。(当然の事ですが、ベビーカーのみより重くなりますので、それなりに重くなります。)


👶 現在では、日本でも色々なデザインのトラベルシステム対応ベビーカーを購入出来ます。



メリットデメリットはそれぞれありますが、それでもmamaingはレストランなどでは、カーシートが持ち運べてとても助かりました。みなさんの生活スタイルにあった、トラベルシステムは見つかったでしょうか? ベビーを連れてのお出かけをあきらめていた方々の参考になれば幸いです。


katoji-online shop楽天市場店さんでは、トラベルシステム対応ベビーカーを多数取り扱っています。もっとトラベルシステムを知りたい方は、したのバナーからどうぞ。

⏩ Amazonでトラベルシステムを探したい方はこちらから。


スポンサードリンク



👶 あわせて読みたい記事はこちらです 🚼

ベビーを寝かしたままは要注意 ‼︎ Σ(゚д゚lll)子どもの脱水症状 ☺︎ 風邪予防にもなる水分補給のはなし。

DVDプレイヤーは、リアトレイで ズレ落ち防止 🚗 子連れ車旅行の必需品

海外旅行でのショッピングを安心に。~キャッシュパスポートという選択肢~

posted by mamaing at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | kodomoと くるま。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック