2017年02月03日

海外旅行でのショッピングを安心に。~キャッシュパスポートという選択肢~

✈ mamaingの初めての海外旅行は、高校生の時に旅行に行ったイングランドでした ✈

item-img-photo-IMG_1251.JPG


💳 さて今日は、海外旅行の時だけでなく、留学生にもオススメ海外専用プリペイドカードキャッシュパスポート についてご紹介していきます。

material02.jpg
マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社さんより提供されている資料です。

💳キャッシュパスポート とは、クレジットカードと違い、事前にお金をチャージしておく事で、チャージされている分だけ使えるマスターカードブランド海外専用プリペイドカードです。

マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社さんの運営で、外貨両替専門店のトラベレックスジャパン株式会社さんがプリペイド事業をされているんですね。

困った時には、マスターカードさんの専用ダイアルに相談できるというのは、海外旅行の際にはかなりの魅力ですね。なぜなら、世界中に普及している大きい会社の方が、安心度は高いですからね。


💳キャッシュパスポートのメリット&デメリットについて見て行きましょう。
material01.jpg
マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社さんより提供されている資料です。

💳 まず、メリットです。

Tポイントが海外のショッピングでも貯まる。(Tポイントに事前登録が必要です)
無駄使いしすぎないので安心。
チャージする際に、円高の時期を狙えば、手数料をカバー出来る可能性はアップします。
紛失や盗難があってもクレジットカードに比べてダメージは少ない。
mamaingが一番メリットに感じているのが、初めからスペアカードをもらえる事です。
一枚目を紛失しても、スペアカードを持っているからすぐに使う事が出来ます。
※もちろん、一枚目のカードを悪意のある人に使われないために、紛失したことを伝えなければなりません。(紛失したカードの利用停止届けは必要だが、再発行の手続き不要で使い続けられる)


💳 では、デメリットは??

→12ヶ月使用がないと、残金に対して管理手数料の150円が毎月かかる。(使いきれば問題なしです)
残金を使う予定がなければ、払い戻し手続きが必要になる。
→クレジットカードと違い、海外旅行傷害保険などはついていない。


💳 キャッシュパスポートの注意点

→ガソリンや電話料金など、一部の料金については、一時的に引き落とし額が多めに見積もりされる事もある。(一時的に使った分より多めに使えない場合もある)
→ATMでの24時間引きだし限度額など、プリペイドカード会社が設定しているものと、現地のATM銀行さんが設定しているものとがあり、実際に使ってみないとわからない手数料もある。
有効期限は5年間。(払い戻しは、期限後も手続き出来るそうです)


💳 場合によって、メリットともデメリットともなりうる事。

material08.jpg
日本円から右側の通貨に外貨両替してチャージされます

チャージした時の外貨で入金されるため、別の通貨の国にいけば、チャージした外貨からの両替となる。(レートによっては、プラスもマイナスも大きい)




いかがでしたか??
こちらは、mamaingの経験や調べた内容ですので、ご契約される場合にはご自身でキチンと確認してくださいね。
これからも、定期的に情報を修正していきたいと思っていますので、ご了承ください。

楽しくて安全な旅行になると良いですね✨



💳 キャッシュパスポート について、もっと知りたい方は下記のバナーリンクからどうぞ 💳




→「海外プリペイドカードを使い比べたぞ!|旅行だけじゃなく留学にもおすすめの海外プリペイドカード」さんのサイトは、留学していたお子さんの経験からの情報が具体的で、とてもわかりやかったです✨ 参考にさせて頂きありがとうございました🌟
http://coolworld.info



🚢 こんな記事もよみませんか?? 🚢


子連れ旅行の注意事項👦海外で怪我をしたときは
マイルの貯まるクレジットカード知っていますか?~日常生活でマイレージをためるオススメな方法~




posted by mamaing at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 🇺🇸 kodomoと 海外。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック