2017年02月07日

子連れ旅行にオススメ!沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム🐟すべてがコンパクトにまとまった場所

🐟 沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム

image.jpeg

前々から気になっていたけど、「シーラカンス」というマニアックな所から足が遠のいていました。
そして、2016年3月末に重い腰をあげて行ってみたわけですが、これが、子連れには是非オススメしたいスポットのひとつでしたので、その魅力についてお伝えしていきたいと思います。


🐟 ひとつ目の魅力は、市場に隣接している立地の良さです。
image.jpeg

子連れは、車で何度も乗り降りしたり、駅からのアクセスの悪いところは気が重くなりますよね。

こちら沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアムは、沼津の港市場の一角の場所にあり、港の市場の様子も楽しみ、美味しいものも楽しみ、水族館という子供にとっても楽しめる場所もあるすべてを一カ所に集めてある場所なのです。

駐車場は確かに充実しているとはいえませんので、車で行かれる際には、駐車場の場所はいくつかチャックして行くことをオススメします。


🐟 ふたつめの魅力は、広すぎないことです。

あまりに広すぎていろいろ詰め込んだプランにすると、子連れ旅行は疲れてイライラで終わってしまいますよね。
こちらの、沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアムの周りは、適度に散策やお土産も買えます。
港と市場が隣接している事で、何カ所も出かけたような満足感がありますよ。


🐟 そして、個性的な沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム!!

image.jpeg

なんといっても、個性的な展示が大人も楽しめました♪
image.jpeg

そして、触ったり考えたりする、子供が取り組めるアクティビティがちょこちょこおいてあるこの気軽さも嬉しいですよね。
image.jpeg

広さもそんなに広くないので、ゆっくりじっくりと歩きながら楽しみましょう。
遊びに行ったときに、小学校2年生の娘と幼稚園年少の息子でしたが、それぞれ理解度は違いますが、とても楽しく過ごしていましたよ。


🐟 子連れで沼津港深海水族館の注意点

× 沼津港水族館は専用駐車場はありません。
 港の周りにある駐車場は、港の指定店舗でお買い物すると割引特典がありました。
× 沼津港深海水族館は、まだベビーカーのお子さんには大変です。
 通路も狭めなので、人が多いと小さいお子さんは大変だと思います。
 もし、行かれる場合は気合いを入れましょう。
 mamaing的には、幼稚園児以上が大人も子供もベストだと思います。
× 水族館の入館料の支払いは、現金のみです。クレジットカードや電子マネーは使えません。また、割引特典もありませんでした。


🐟 mamaingの知る沼津港深海水族館周辺のお得情報

○ 港の指定駐車場では、港の指定店舗(港八十三番地)のお買い物で駐車場の割引特典を受けられました。(駐車場にて確認してください)
○ 水族館の入館パスポートで指定店舗での飲食割引サービスがあります。
○ 港八十三番地には、親子カフェ ノーチラスという、ボールプールなどの子供の好きなキッズコーナーを兼ねたカフェがありました。港の名物を食べながら楽しめる様子です。水族館のすぐ目の前です。

 
🐟 最後に。

いかがでしたか?

子連れ旅行は子供に合わせて場所を決めることも多いですが、この沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム周辺なら、子供も大人も楽しめますよ。

我が家は、沼津駅の近くに滞在し、夜は駅の周りも少し楽しむことが出来ました。
そして 二日目は、富士サファリパークへ。

沼津からは、アニマルキングダムやぐりんぱ、御殿場プレミアムアウトレットなど、近場に目移りしちゃう施設がたくさんありますよね。

私も、大好きな子連れ旅行スポットのひとつです。

それではまた👋


沼津港深海水族館・シーラカンスミュージアム
http://www.numazu-deepsea.com

港八十三番地
http://www.minato83.com

スポンサードリンク



🐟 こんな記事も読んで行きませんか?? 🐟

ベビーとの旅行に必須アイテムのトラベルシステム って知っていますか??👶 ベビーカーシート&ベビーカーになる優秀なアイテム
DVDプレイヤーは、リアトレイで ズレ落ち防止 🚗 子連れ車旅行の必需品
子連れ旅行の注意事項👦海外で怪我をしたときは
ホテルグリーンプラザ 富士〜山梨と静岡の県境のプチホテル〜

posted by mamaing at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東海地方 情報。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック